<   2006年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

案ずるより産むが易し

結局 どうってことなかった

演奏会は盛会で

なんであんなにいやだったんだろう

みちみち普段話すこともない彼とぼそぼそ話をするのも
悪くはなかった

こころがせまいのかな

さみしいのに よけい
ひとりだって平気 というふうに振舞ってしまう
平気ではあるかれど
世界がせまくなるよな
[PR]
by limacchi | 2006-10-30 08:00 | てくてく

まあ

いやな感情もあるにはあるけれど
どんなにそれを見ても
何も生まれて来ず

それなら楽しいほうがいいか

今日はからほりまちアート

天気もいいし
繰り出そう
[PR]
by limacchi | 2006-10-28 10:37 | てくてく

付き添い

あるコンサートに二人連れていってくれないか、と頼まれる
その会場は私だって行ったことがないところ
自分ひとりなら調べてどうとでもして行かれるのだけれど
連れて行くのもそう大変なことでもないけれど
なんで・・・と思う

彼らは大阪人であり、私は去年きたばかりなのだ

行きたければ自力で行かれるんじゃないの?

彼らの障害の程度は知らないが
少なくとも私よりは大変なのだろうとは思うが
私のこころのどこかが「ふざけるな!」と叫ぶ
その気になればできることまで人に頼っていないか?

そういう私も「人と行動すること」ができなくて
これも訓練なのだ、と思おうとするのだけれど
いやな私
偏狭な私
親切になれない、面倒
彼らをみているといらいらするのだ

すっぽかしてしまおうか

私にそれを頼んだ人に対してもなんだかいやな感情があるのだな
「嫉妬」だろうな
[PR]
by limacchi | 2006-10-27 12:58 | てくてく

ばたりと


ここ数日の動きすぎの疲れが出たのか
帰って食事して横になったらそのまま睡魔が
電気もつけっぱなしで薬も飲まずねてしまった
3時間おきぐらいに「薬飲んでないなあ」と意識がもどるけれど
体が動かない

夢をみた
去年亡くなったKさんの奥さんから電話がかかってきた夢
明日お葬式だけれど着ていくものがないとあせっている
目がさめてから去年亡くなったのだったな、と思い返す

もうひとつ不思議なゆめ
あれはどこだろう
これも死にまつわるゆめ

知人のおとうさんが悪性リンパ腫でもうたすからないといわれたときいたのがおととい

はじめての患者さんだったIさんも悪性リンパ腫で亡くなった

メメント・モリ

いのちをひらこう
[PR]
by limacchi | 2006-10-21 11:04 | てくてく

不安になる

ゆうべ遅くに寝たのに早起き すっきりとした目覚め

朝っぱらからもうれつに掃除をする
掃除きらいなのに
止まらない
はぁ テンション高いわ
手足もしびれる  大丈夫かな

昼ごはんを食べたところでごろりとなったらそのまま寝たらしい。
危うく遅刻するところだった。

もう19日か
請求書作りの日だった

昼のスタッフが帰り、ぼーーーーっとしているとYさんがきて「ひまそうやな~!」
お店じゃないし、ひまなぐらいが平和ってことで

でも職場の平和どころでないくらいあたまの回転が止まらなくて大変
今はまだ大丈夫だけれどなんだか不安
やる気がでると心配になってくるなんていやだな・・仕方ないか
楽しみがあってわくわくするのは当たり前といいきかせてみたり、その楽しみのためにセーブしなさいよといいきかせたりで忙しい。

もっとあがるとしてもなるべく記録しておいてみようと思う。
[PR]
by limacchi | 2006-10-19 23:11 | てくてく

PARADE

c0095870_2031137.jpg


「交感するアート展in八十二」に出品した作品

交感するアート展は関西と信州で交互に開催されており
今年で13回目でした
私は昨年から参加させてもらってます

八十二とは八十二銀行
長野県の地方銀行のギャラリーです
長野県を出ると目にすることがないので
県外から友人が来たりすると「なんて読むの?ヤソニ?」とか
そのまんま はちじゅうに と読みます
[PR]
by limacchi | 2006-10-18 20:03 | てくてく

テスト

c0095870_1630192.jpg


お気に入りの場所から妙高山を望む
[PR]
by limacchi | 2006-10-18 16:30