【転載】ガザより(その23.24)

【メールその23】
日時 : 2009年1月4日(日)18:15
件名 : フサイン・アル=アイディ、戦闘の只中に釘づけ!

フサイン・アル=アイディはガザ市東部在住のパレスチナ人(58歳)。
今の場所に25年以上、住んでいる。自宅は野菜畑の真ん中に位置
している。彼はUNRWAの職員だ。彼は今、一部屋に、自分の家族
20人と、彼の二人の兄弟の家族たちとともにいる。彼らは、狭い部屋で
電気も水も食糧も電話もないまま、すし詰めになっている!彼の周り
には何もない、あるのは戦場だけ。昨夜10時半、アル=アイディ氏は
戦闘の真っ只中におかれ、砲撃が自宅に着弾、家族5人が負傷した!
彼は負傷者を救出するため救急車をよこすよう訴え続けているが、
叶わない。負傷者を、そして可能ならば家族全員を救出するために、
彼のもとに救急車を送ってくれという訴えはこれまでのところ、すべて
失敗に終わっている!周囲1キロ半以上をイスラエル軍が完全に
コントロールしており、イスラエル人以外、誰もアル=アイディ氏の
もとにたどり着くことができない! この状況は、どこの国でもいい、
人権団体が緊急に人道的行動をおこすことを必要としている!
ガザには電気も水もない。食糧もわずかしかない。私は発電機が
まだ稼動するのを幸いに、世界に発信している。爆弾が雨あられと
私たちの上に降り注いでいる。そして不運にも、アル=アイディ氏は
戦闘のど真ん中にいるのだ!

【メールその24】

日時 : 2009年1月4日(日)19:41
件名 : ミサイルの雨と真っ暗闇のガザ

ガザで、私たちは、雨のように降り注ぐミサイルと砲弾の集中砲火の
真っ只中にいる!今は完全な暗闇だが、その闇を破って無人飛行機や
ヘリコプターの唸る音が聞こえてくる。通りは無人だ!ときどき、
救急車と消防隊のサイレンが聞こえる!
ガザ北部の市民は自宅からガザ市西部に逃げ、ゼイトゥーン地区の
者たちは西部に逃げている!市民にはなすすべがないというのに、
彼らのことなどおかまいなしだ! 彼らを守るものは何もない。今日、
救急医療士3人が死ぬ。ほかの命を救おうとしているさなかだった。
一昨日も、医師1人と救急医療士が殺された。今夜、携帯の電話網は
完全に麻痺している。地上電話は、回線状態は悪いが通話可能だ!
夜明け前、ガザの空のいたるところに黒煙の雲があった!わぁぁぁぁぁ、
たった今、足元で地面が揺れた!ボーーーーーーン!
[PR]
by limacchi | 2009-01-05 22:36